病院での治療

抜け毛に対する病院での治療とはどんな治療なのでしょうか。一言で「発毛」と言っても、様々な治療法があります。治療を始める際には、一人一人目的も違えば、最適な治療法も異なります。選ぶべき治療法はどれか、調べてみましょう。まずは3つの方法があります。自分が持っている毛量を増やす治療と、現状維持を目標にした治療、そして、今生えている髪を育てる治療です。生えている髪を育てる治療は、育毛治療とも呼ばれています

病院現状維持の場合は、薬を処方してもらい、服用するという方法しかありません。生活習慣を見直し、正常なヘアサイクルを保つのです。では、今ある髪を育てるにはどうすれば良いのでしょうか。頭皮に治療を施すのであれば、植毛の治療、または育毛治療を受ける2パターンがあります。どんな病院で、どんな治療が受けることができるのか、気になる病院をピックアップすべきです。

元々発毛治療は、主に育毛専門会社で行われていました。プロペシアが日本でも承認されてから、医療機関でもAGA治療用の薬が処方されるようになりました。内科や皮膚科、形成外科などの病院で薬を処方してもらえます。ですが、どの病院でも発毛治療が受けられるわけではありませんから、事前確認が必要です。AGA治療は、保険適用外です。お金もかかりますし、時間もかかります。だからこそ、あなたの毛の悩みに合った病院を選ぶべきです。

参考リンク:水戸中央美容形成クリニック
AGA治療を行っている病院のサイトです。


関連記事